橋淑子 歌集「緑塵」 

「 緑 塵 」

高 橋 淑 子 歌 集

〜 第二歌集 〜

影のごとく歌に寄り添う気配がある。
前歌集「うゐ」より五年の年月を経て著者は、
存在の深い憂いを更にたおやかな韻律に
託してうたいあげる。

ながらみ書房   定価 2500円

2010年11月11日発行

 

作品の紹介

見しのちの何の花とはおぼえずも空に一花の見しのちの花
窓ごしのひかりは琥珀の色をしてなつかしきかなひとの声する
この身より離りゆくものいとおほく晩夏日日こころ騒ぎぬ
カラカラとまはる音して風ぐるまきのふもけふも秋の日にあり
天寒や人はおのれの淋しさにひた染まりゐて紙にもの書く