橋淑子 歌集「うゐ」 

「 う ゐ 」

高 橋 淑 子 歌 集

たをやかなる韻律 現代の有心

「うゐ」は、語彙の多彩さ、対象や感情を微妙に繊細に、時に大胆に核心を捉える―連接する言葉の数珠に依る表象の巧みさ、そしてそれらが定型の音数律に乗る時の律動と韻き、つまりは達者で達意の表現の歌の類聚、歌林そのものである。―――― 今西幹一(解説より)

ながらみ書房   定価 2500円

2005年4月2日発行

 

作品の紹介

水滴を垂らせば硯は石中の眠りを覚まし春夜なりけり
往き往きてなほ人恋ふるたましひはうゐの深山の花となるべし
ぬばたまの真錦のごとき夜夜重ね温めをりぬ一本の瀑布
夏遠く病める少女は細き手で土中に埋めしみづからの種
虚ろかもしれぬ長き日記を綴る夜の部屋に木犀の香のしのびこむ